Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨ドライブ(6)

Category: カメラ&写真   Tags: ---

山梨ドライブの最後を締めくくるのは新日本三大夜景のひとつを眺めながらの温泉です。

その前にフルーツ公園内でもう少し撮影を楽しみました。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

これはなぜかフルーツ公園の敷地内にある富士屋ホテルの建物です。


富士屋ホテルの駐車場を更に奥へと進んだ一段高い場所に土産屋がありここが一応夜景鑑賞のスポットになっています。

ここでもイルミネーションが始まってました。もう12月もすぐそこですね。

この土産屋のすぐ側にぷくぷく湯という温泉があるのですがそこはスルーしてどんどんと山坂道を登っていきます。登るにつれて次第に道路の舗装もいい加減になり1.5車線ほどの幅しかなくなり対向車が来るたびに未舗装の路肩にタイヤを落とさなければなりません。

そんな山道を登っていくと頂上付近に忽然と現れるのがほったらかし温泉。名前はいい加減ですが温泉はしっかりとしています。

ここにはこっちの湯とあっちの湯という2つの浴場があるのですが今回選んだのはあっちの湯。こちらは頂上からやや下がった斜面にあり、露天風呂からは広大な夜景が見渡せます。

この日は月もとてもきれいだったので月見風呂にもなって、いっそう見応えがありました。

これまで入った露天風呂の中で一番きれいに夜景を見渡せる温泉で、これで600円なら入湯料は安いものでした。

風呂場にカメラを持って行くわけには行かないので、入浴後脱衣場の建物越しに夜景を一枚。反対側に露天風呂があります。そこから見える夜景を想像してください。

朝から体の芯まで冷えきっていたので、ややぬるめのお湯も心地よく芯まで温まりました。

また帰路でフルーツラインを走行中に見える夜景も、フルーツライン走行中はずっと見わたすことができました。適度に蛇行した道を走行していると、夜景がダイナミックに右へと左へと動くので、ドライバーも十分に夜景を満喫できます。いままでに体験したことのない感覚で、フルーツラインを流しながらの夜景も新三大夜景の名に違わぬ美しさでした。

スポンサーサイト

Comments


ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。