Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐うどん巡り

Category: 旅の記憶   Tags: ---

ひとつ目の「聖地」はもちろんうどんの聖地香川です。昨年は映画「UDON」の上映も相まってかなりのブームであったでしょうが、今年はブームも去って落ち着いて味わえるだろうか。

ちなみに私は幼少の頃から讃岐うどん好きで、母に連れられて行く堺東の讃岐うどん店「四国」が大のお気に入りでありました。入り口に山盛りにされた塩の壺と食券代わりの木の札が印象深く今でも記憶に残っています。

そんなことはさておき讃岐うどんの聖地丸亀に降り立ったものの時間が9時と早かったことと、お盆で休みをとっている店も多く、ガイドブックに載っているような有名店は全滅。

しかしここはうどんの聖地讃岐です。マクドナルドは目につかなくてもうどん屋なら至る所に存在します。というわけで手っ取り早く目についたうどん屋に入ってみました。

FinePix Z1

朝の開店直後なので広い駐車場に他に止まっているクルマもなくちょっと不安。


とりあえず醤油うどんを頼んでみました。看板にはセルフって書いてあったけどなぜか店のひとが作って出してくれました。

出汁なしのうどんに生醤油を少々かけていただきます。素朴な味が結構いけます。ちょっと遅い朝食です。

入り口のガラス越しに讃岐富士が伺えます。常連ぽい別の客が食べ終えて置き去りにしたうどん碗がいい味出してます。

2軒目も有名店を探しさまよったが見つからず目についた店へ突入。

駐車場には地元ナンバーのクルマが結構止まっていたので、地元の人御用達の店かも。

かけうどん(小)。小といってもそれなりのボリュームがありちょっと早い昼食には十分でした。地元の人はなぜかうどんと一緒におでんをサイドメニューとして選ぶらしい。

それにしてもどちらの店のうどんもそれほど固くなく子供達にも食べやすかった。富士吉田のうどんの方がよっぽど固かった。讃岐うどんというと暴力的なほど固く腰のある麺を想像してしまうが、地元の人はそれほど腰のある麺は好まないのか。

そういえば幼少の頃大好きだった「四国」の麺も、ちょうどこれくらいの腰であったような気がします。

本来ならば「聖地」うどん巡りを続けたいところなのですが、その日のうち次なる「聖地」高知まで移動する計画なので、うどんを巡る旅はこれで終了です。

スポンサーサイト

Comments

 
讃岐うどんは私も好きです!
200円ほどで食べれるものとしては最強ではないでしょうか!
コストP良過ぎ!
 
メディチさん

吉田のうどんにも驚きましたが、本場讃岐のうどんもコストパフォーマンスが高いです。
なので一日に何軒でもハシゴしたくなりますね。
 
さすがに、全国に名が知れているうどんの「聖地」ですね。乱暴に分けると、東はそば、西はうどん文化が発達してるみたいです。

そんな中で、tomyさんの隣の県も、関東のうどん聖地です(ご存じですね)。PRが下手なせいか、今ひとつ全国区になりきれていませんが・・・。小麦の生産が盛んであるのが、その背景にあるようです。
 
ていしあさん

群馬もうどんが有名ですよね。
有名な水沢うどんとかは食べたことがあります。
群馬にも小さなうどん店がたくさんあるような地域があるんでしょうか。
でしたら近場ですし是非訪れてみたいですね。

小麦の生産も盛んなんですね。
となると辺り一面麦畑なんて場所もあるんですかね。
こちらのほうも気になります。
 
有名なのはおっしゃるとおり、水沢うどんですね。私はうどん屋が固まっているところは知りませんが、県内を走っていると、よく見かけます。どちらかというと、散在している感じですか・・。

また、農産物特産所では、地元のうどんが売っています。さすがに群馬産の小麦を使用していると思います。家で茹でなければなりませんが、意外にお勧めです。

小麦は稲との二毛作がほとんどです。今は田んぼになっていますね。前橋以南ではかなり多いと思いますが、やはり関東、住宅におされて辺り一面とはいかないようです。
 
ていしあさん

追加情報ありがとうございました。
今度群馬県内でうどん屋を見かけたら寄ってみようかと思います。
私も何となく東はそばというイメージがあってなるべく
関東のうどん屋は避けて通ってました(笑)
一度一面麦畑の前に車を止めて写真を撮ってみたいと思ってましたので。
うちの義父は群馬出身でうどん好きです。今回も讃岐うどんを土産に買ってきました。なるほど地元の産物を使っているなら美味しいはずですね。好物になるのも納得です。

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。