Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E-510のライブビュー機能を試す

Category: カメラ&写真   Tags: ---

OLYMPUS E-510のもう一つの「売り」であるライブビュー機能を試してみました。

ライブビュー機能というのは通常のコンパクトデジカメ同様撮りたい画像を液晶画面で確認しながら撮影できる機能のことです。一眼レフカメラを使ったことのない方はそんなの当たり前だと思うかもしれませんが、通常一眼レフカメラではファインダーという小さな覗き穴から撮影したい画像を確認することしか出来ないのです。このライブビュー機能が搭載されているカメラはオリンパスのカメラとCanonの一部の高級機のみです。

このように撮りたい画像を撮影前に液晶モニターで確認できます。ただしこの状態からコンパクトデジカメと同様にばしばしとAFを効かせて撮影できるかとういとさにあらず。それが可能なのはOLYMPUS初のライブビュー搭載機E-330のみです。コンパクトデジカメと同様にライブビューで撮りたいのならE-510は期待はずれです。E-510ではこの状態ではAFは効かずシャッターボタンを押したあとに一旦ライブビューが切れてAFで合焦してから撮影されるので、タイミングがワンテンポ遅れます。軽快な撮影というにはほど遠いです。

ではE-510でのライブビューはどういう時に役に立つのかというと三脚を立てて、マクロ撮影で狙ったとところにきっちりと焦点を合わせたい場合でしょう。というのはこのライブビュー画面で焦点を合わせたい場所に緑色の四角を移動させ、OKボタンを押すとその部分が7倍もしくは10倍に拡大されて表示されるからです。

テクノラティプロフィール

この状態でフォーカスリングを微調整すればきっちりと狙ったところに合焦させることが可能だからです。

これなら仕様上ファインダーが小さくなってしまうフォーサーズ規格のカメラでもかなりの使い勝手を示してくれそうです。

マクロでの花の撮影や、物撮りなんかで活躍しそうです。

OLYMPUS E-510 ZD 35 F3.5 Macro

マニュアルフォーカスしか効かない古いレンズでも有効に使えそうです。

OLYMPUS E-510 OM 50 F1.8

というわけで普段は防湿庫の肥やしになっている古いOMレンズを引っ張りだして来ました。ファインダーをのぞきながらだと結構厳しいかもしれませんがライブビューならドリルの先端にきっちりピントを合わせることが出来ました。

スポンサーサイト

テーマ : OLYMPUS    ジャンル : 写真

Comments

 
こんにちは。
ライブビューは部屋の中でブツを撮る時にはかなり便利ですよね!
私もよく使います。
あと、暗い時にもブーストをONにして使ったりします。
先週末、夜の街を撮ったときに活躍しました。↓
http://northerndemofeal.blog3.fc2.com/blog-entry-1203.html
 
HKNさん

E-510をゲットしてからずっと天気が思わしくありません。そろそろ夜景デビューをと考えていたのですが、台風接近で家でおとなしくしているしかなさそうです。こんな時は家でブツ撮りですかね。
ライブビューは夜間撮影でも活躍しそうですね。
 
ライブビューは便利そうですね。地面すれすれのアングルだとD40はお手上げです。アングルファインダーは高いし・・・。猫の目線で撮りたいのですが。
 
とらちゃんさん

そうでしたね。地面すれすれショットでは液晶画面が可動式のE-330ほどではないにしてもE-510も役立ちそうですね。
それにしてもずっと雨なので外に撮りにいけないのが残念ですね。

Trackbacks

ビュー・カメラビューカメラとは、独立したファインダーをもたないカメラのことである。フレーミングとピントの確認はフィルム面に磨りガラス(ピントグラス)などを置き、そこに写る像を直接見るによって行う。像は180°回転した状態でガラスに映る。撮影時にはピントグラス
ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。