Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDD増設とMacOSのインターフェイス

Category: Mac&iPod   Tags: ---

iMacのハードディスクを増設しました。増設したといっても内部への拡張性が全くないiMacですから、単に外付けのUSBハードディスクを買ってきてUSBコードでつなぐだけ。何の捻りもありません。

そもそもハードディスクを購入する事態に陥ったのは夜中に酔った勢いでiMacのHDD残量を確認したら70GB中60GB使用と表示されたものと勘違いして、あと10GBしか残っていないぞやばいぞと大あわてでAmazonでポチっと(これも酔った勢いですが)してしまったという顛末からです。

後からよく確認すると60GB使用、残り70GBだったというつまらない落ちで、別にあわてて300GBものHDDを買う必要もなかったんですが(汗)WindowsのHDD残量表示はグラフで表示されるので一目でわかりやすいのですが、GUIの先駆者であるMac OSのHDD残量表示が文字だけというのは思わぬ落とし穴でした。

今更返品するのも面倒なので取りあえず繋いで使ってます。増設ハードディスクはiPhotoの画像専用なので、毎週2GBづつデジカメ写真を撮り続けても3年近く持ちますから当面はHDDの要領について心配することなくデジカメ写真を撮りまくれます。

DSCF3440.JPG

そんなわけでHDDの容量が増えて快適なのですが、マイナスな面も少々あります。

iMac単体はとても静かなパソコンなのですが、増設HDDはそれなりに回転音が出ますので、少し気になります。なので通常は写真のように表舞台には出さずに、iMacの裏に隠しています。一定時間HDDへのアクセスがないと、ドライブの回転を止めるため一応静かにはなります。

また、iMac単体では起動がとても早いのですが、増設HDDを接続していると、増設ドライブ側の回転が上がるまでシステム起動を待っていますので、少し起動に時間がかかるようになります。別に増設HDD側にシステムファイルが入っているわけでもないので、律儀に回転が上がるのを末必要もないと思うのですが(笑)上記の様にドライブが回転を止めているときにアクセスを要求した場合も回転が上がるまで少し待たされます。

まあ、待たされるといってもほんの数秒なのでそれほど気にする事でもないのですが。

ブログを書くならBlogWrite

話は変わりますがiPhotoの写真ライブラリを増設HDDにコピーした後、iPhotoが参照するライブラリをHDD側に切り替える設定がしばらくわからず迷いました。

iPhotoの通常画面ではライブラリの位置を指定するメニューが全く見あたらなかったからです。

結局ヘルプファイルを解読していくと、手順は次の通りであることがわかりました。

1.iPhoto Libraryをフォルダごと増設HDDにコピーする。
2.オリジナルのiPhoto Libraryのフォルダー名を適当に変更する。
3.iPhotoを立ち上げると、「フォトライブラリを選択」メニューが出てくる。
4.増設HDDにコピーしたライブラリを選択する。

フォトライブラリ.jpg

元のライブラリフォルダー名を変更しないと新規の設定メニューが現れないというのが、何とも変わったユーザーインターフェイスです。

この方法ですと例えばライブラリファイルを複数のHDDに分散させることは困難で常に一つのフォルダーの下に全てのライブラリファイルをおいておかなければなりません。

古くて滅多に見ないようなライブラリは別フォルダーに保管しておいて見たいときだけ引っ張り出してくるということができないのがちょっと面倒だと思いました。

もう少しヘルプファイルを読み進めるとoptionキーを押しながらiPhotoを起動すればフォルダ名を変更せずに「ライブラリを選択」メニューを呼び出すことが出来ることが判りました。なんだか面倒ですね。というか最初からこの方法だけ教えてくれればいいのに。

スポンサーサイト

テーマ : Mac    ジャンル : コンピュータ

Comments


ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。