Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAW + SILKYPIX で快適デジカメ写真

Category: Mac&iPod   Tags: ---

これまでデジカメで撮影したデータはjpegという圧縮されたデータで保存した物を利用していました。jpegは携帯電話のカメラなどでも使われている一般的なファイル保存形式です。

jpegの利点はデータサイズを圧縮できる、そのままどんなパソコンでもファイルの中身を見ることができる等気楽に利用できる点ですが、マイナス面として不可逆圧縮ですので、必ず元画像より画質が劣化していて元に戻せないということと、画像処理の度にこの圧縮を繰り返すので、画像処理すればするほど画質が劣化してしまうという点が上げられます。

これに対してデジタル一眼レフカメラや一部のコンパクトカメラに搭載されている保存形式にRAWという物があります。これはカメラの撮像素子から出力されたデジタルデータをそのまま保存する形式です。データは圧縮されていないのでファイルサイズは大きくなりますし、カメラメーカー毎に保存形式が異なるので、専用のソフトがないと画像を見ることすらできません。

では、なぜわざわざこんな扱いの面倒なRAW形式を使用するかというと、生データのため後からじっくり画像処理を施しても、画像の劣化が生じないし、画像処理で変更を加えられる幅もjpegデータを処理するより広く、自由に変更が可能だからです。

あるいは、通常はカメラ内であらかじめ設定しておいたホワイトバランス等のパラメーターを用いてカメラ自体が処理してjpegデータに変換している作業を、家に戻ってPCの前で、気の済むまで画像を処理した後に、一般的なファイル形式のjpeg等に変換して、どんなパソコンからも見られるようにできるともいえます。

撮影するその場でカメラのパラメーターを全て意のままに操るのは、熟練を要しますし、色々設定を煮詰めている内にシャッターチャンスを逃してしまいますから、後からじっくりと調整できるということはかなりのメリットがあるわけです。このPC側でRAWデータに変更を加え一般的なjpeg等に返還する作業のことを、デジタルの世界での「現像」とよんでいます。

とこんなところがRAWデータと現像についての一般的な説明になります。ご存じの方には釈迦に説法だし、興味のない人には馬耳東風だったかもしれませんがご容赦ください。

さてここからが本論。

私も一度デジタル一眼レフカメラを購入した際にRAWデータで撮影してみたのですが、その後カメラに付属の専用ソフトでの「現像」処理があまりにも遅く時間が掛かるのでしばらくはRAWの事など忘れて、全く使っていませんでした。

転機が訪れたのはiMacを購入してからです。iMacにはiPhotoという画像整理ソフトがインストールされており、このソフトがRAW現像にも対応していたことからRAW形式を使用するようになりました。懸念された現像処理速度も画像サイズが大きい分取り込みには時間が掛かりますが、処理自体はjpegとの違いも意識することなく快適に使用できました。

iPhoto.jpg

iPhoto画面

こうしてしばらくはiPhotoでRAWの画像処理をしていたのですが、世の中にはいろいろとRAW現像ソフトがあることに気付き、それがきっかけとなってあれこれと体験版やフリー版を利用してみたのです。すると明らかiPhotoで処理するより、好ましい結果が得られることがわかり、特に気に入ったSILKYPIXをメインに使い始めることになりました。

ブログを書くならBlogWrite

SILKYPIXは画像の編集に用いるパラメーターも「記憶色」とか「青空」とか直感的にわかりやすいメニューを選択するだけで、それなりに芸術点の高い編集結果が得られるのです。

今まで画像処理に使っていたようなソフトだと、ほんの少し色合いを修正してみたい場合でも、画像全体がその方向に修正されどうにも不自然な結果になってしまうので、あまり画像処理自体に魅力を感じなかったのですが、SILKYPIXで処理するとごく自然な感じに変更されるので、使ってあれこれと試しているうちにどんどん深みに嵌っていきました。

SILKYPIX.jpg

SILKYPIX画面

結局このSILKYPIXを大変気に入ってしまったので、正規版を購入してまんまとメーカーの思惑通りの結果となってしまったことはさておき、SILKYPIXはRAWデータと同様に通常のjpegデータも編集できるというメリットもあります。ですからRAWデータで保存できるカメラなんか持っていないよという人にもきっと役に立つはずです。

四の五のここで説明するより、フリー版を体験して頂ければその画像処理の芸術性の高さは理解して頂けると思うので、ぜひここからダウンロードしてそのすばらしさを体験してみてください。きっとあなたもより深いデジタルな世界へ引き込まれることになると思います。

スポンサーサイト

テーマ : ★フォトレタッチ&画像処理    ジャンル : 写真

Comments

 
こんばんは。
いつも綺麗な写真、
こっそり拝見しておりました。

保存形式RAWなるもの
はじめて知りとても勉強になりました。

画像編集ソフトの使いやすさの線引きってと、個人差があって
とても難しいですよね。
私はフォトショップのお試し版がはじめて買ったバイオに入っていたので、チョコチョコ遊んでいるうちにすっかりお気に入りになってしまいました。

私も『いつかはデジイチ』とあこがれ貯まらぬ銀行残高を確認しては溜め息ばかり…。ふぅ~。。

このサイバーショット240万画素光線でいざ勝負だ! (爆
 
僕は大体MS Photo Editorを使ってますが、やっぱりちゃんとしたソフトを使った方が早いかも知れません。
 
弁天小僧さん

ご覧いただいてありがとうございます。別にいかがわしい写真は掲載していないので、こっそりではなく堂々とご覧になってください(笑)

確かに好みは人それぞれですから誰にでもあう万能ソフトというものはないのでしょう。SILKYPIXはこれまでの画像ソフトと違い派手なエフェクトは無いのですが、写真をより写真らしく見せることには長けているように思えました。

フォトショップがあればひょっとしたら万能なのかもしれませんが高くて手が出ません。それなりのカメラと同じくらいの値段ですからね。

デジイチも最近は5万円代から手に入るようですから、本当の写真の楽しさを味わいたいのでしたら、是非ご検討ください。無理してでも買って損は無いですよ。
 
蛹さん

ソフトそれぞれに得意分野がありますので目的によって使い分けるのも良いかもしれません。

SILKYPIXのフリー版は機能限定ではありますがずっとただで使えますので、一度ダウンロードして使ってみてください。

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。