Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士山を好きになる理由に関する一考察

Category: その他   Tags: ---

昨日は木枯らし一号が吹くほどの冷え込みでした。いよいよ冬本番が近づいてきたという感じです。この地方の冬といえば強風・乾燥・好天・そして富士山ですね。

R0010221.JPG

Caplio R4

昨日は朝から天気が良く晴れ渡りここ埼玉からでも富士ははっきりとその姿を表していました。冠雪のバランスも程よく富士がいつもより大きく感じる程でしたので、夕方には見晴らしの良い場所へ行きたいなと思っていました。

そこで近所のスーパーの屋上駐車場へ上ってみました。もちろん妻からはお使いを言い渡されて出てきたの言うまでもありません。夕景のベストの時間が気になるものの、お使いの買い物を一階食料品売り場で速攻でこなし、急いで屋上へと戻りました。屋上には落下防止用のフェンスが目の高さより上まで張り巡らされているのですが、コンデジのCaplio R4ならレンズの径も小さいので、フェンスの網の間にレンズを通して、フェンスの影響を受けずに撮影できました。一眼レフだとレンズか大きくこういうことはできません。コンデジにも意外な利点があるものです。

ブログを書くならBlogWrite

さて、人々が富士を好む理由について少し考えてみることにします。

一義的には美しい山だから、日本一の高さだから、日本の象徴だからなど様々な理由が挙げられると思います。 しかしこれだけでは人々が富士を好む理由としては不十分だし、説明も付かないと思う。

R0010220.JPG

富士は意外と遠くからでもみることができ横浜や東京近辺だけでなく、ここ埼玉でもこのようにはっきりと確認できます。ですので人々は日々の生活の中でも富士を意識させられます。ところがそれが、いつでも見えるのかというと春から秋にかけて空気中の水分が多いときには霞んでしまって全く見えないのです。秋から春にかけての晴天の時のみはっきりと見えるのです。これは大きな要素だと思います。普段から全く富士の見えない地域にいる人には富士の良さは実感できないと思います。事実大阪にいる頃は私自身も富士山には全く興味がありませんでした。

また富士の近く、たとえば河口湖辺りまで出向いてみても、意外と富士の頂上だけは雲がかかっていたりして、いつも完璧な姿が見えるわけではないのです。普段から富士周辺に住んでいない限り、完璧な富士に遭遇できるのは滅多にあることではないでしょう。これもまた富士の魅力を更に押し上げていると思います。

忙しい中何とか都合を付けて富士を拝みにきても、残念ながらはっきりとは見えず、そのことでまた「次こそは」の思いを強くします。そしてやっとの思いで美しい富士が眺められた曉の喜びは、そのとき何倍にもふくれあがるのです。

R0010223.JPG

想像してみてください。富士山が毎日はっきりと遮るものなく拝めるとしたら、皆さんこんなにありがたく拝んだりはしないのだと思います。この日も私の他に携帯のカメラで富士のシルエットをおさめる人、カップルでただ夕日に浮かぶ富士を眺めているだけの人、いたんです。滅多に拝めないからこそありがたさが何倍にもふくれあがっているのだと思う。

ですから、富士の近くに旅してきたのに富士が見えない時には「これも富士なんだ」と心の中でつぶやくことにしよう。こんな風に書いているとだんだん富士が見たくなってくる。今週末あたり河口湖周辺にでも足を伸ばせないものだろうか。

スポンサーサイト

テーマ : 富士山    ジャンル : 写真

Comments

 
富士山をはじめてちゃんと見たのは、こちらに来るための下見をしに新幹線からでした。
2年位前のちょうど今頃です。

はじめて目の当たりにした感想は、「でかっ!!」でした。
今までイメージしていた山というものの大きさがいかに小さかったか、思い知らされた感じでした。
単体でまさにそびえる姿は美しく圧倒的で雄大でした。

富士は日本一の山♪という曲に納得した瞬間でした。(^^)

tomyさんと同じで富士山を思い浮かべて、富士山のことを書くと、ホントに見に行きたくなるものですね。(笑)


日本は富士山 
はじめまして。

学生時代(その時、私は大阪)、
東京に就職した友達が、
「やっぱり、日本は富士山やわ」
と言っていました。
その時は、笑い飛ばしていたのですが、その後、私も関東に来て、
「日本は富士山」だなと、思うようになりました。

日本にいるとき、
毎日、富士山が見えるかどうか、
チェックしていたことを思い出しました。
 
栗色の息吹さん

先日栗色の息吹さんからいただいたコメントとその日の富士があまりに奇麗だったことからこんな文章を書いてしまいました。とりとめのない文章にお付き合いいただいてありがとうございます。

新富士辺りからの富士の眺めはほんとうに雄大で迫力ありますよね。
河口湖近辺からの富士も上品な感じがして好きなんです。
360度いろんな角度から楽しめるのも魅力ですかね。
 
Pさん

はじめましてというかいつもPさんのページは拝見させていただいているので勝手に親近感覚えてます(笑)

そうですよね。あまりにもメジャーなので子供の頃からイメージが出来てしまっていますが、やっぱり実際この目で見ないとその良さは実感できませんよね。
私も何気に富士山見えるかチェックしてます。たまに晴れた日に新幹線なんかに乗ると東京からずーっと右側の車窓を眺めています(笑)

 
富士山とUFOが写ってる写真も見てみたいです(自爆)
 
メディチさん

残念ながら心霊写真とかUFO遭遇写真とかからっきし駄目なんです。
一応理科系ですので非科学的なことはどうしても心から信用できないから駄目なんでしょうね。

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。