Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Audi A6の燃料計

Category: Audi   Tags: A6  

Audi A6はドイツ気質のまじめなクルマですが燃料計だけは結構いい加減です。たとえば出勤時の朝、ガソリンの量が少なくなり給油を促すウォーニングランプが点灯したとします。それでも点灯したばかりなのでガソリンの残量にはまだまだ余裕があります。帰宅時にも家にたどり着くまで残量は余裕のはずですが、一旦エンジンを止めて退勤時にエンジンをかけると、なぜだか異様にガソリン残量が減っていることがよくありました。あまりにひどいのでガソリンタンクに穴があいているのではないかと疑いたくなるほどです。

その傾向を確かめるためインパネ中央の表示を走行可能距離表示モードに切り替えてみました。ウォーニングランプが点灯した直後は後続可能距離は80kmを示していましたが、会社にたどり着く頃には50kmに減っていました。ちなみに自宅から会社までの通勤距離は10kmにも届きません。

DSCF3305.JPG

それで退社時エンジン始動直後に走行可能距離を確認するとなんと0km。出勤時には50kmだったはずなのに。さすがに走行可能距離表示が0kmだと、退勤時にいつガソリンが底をつくのか冷や冷やものです。早く自宅近くの行きつけのセルフスタンド給油したいのですが、こんな時に限って交差点の赤信号にことごとく捕まってしまい焦ります。

結局は無事にガソリンスタンドまで到着したし、給油量から推測するとガソリンはほとんど空という状態では無かったと判明しました。電子デバイス満載のドイツ車がなぜこのガソリン残量だけはこんなにいい加減なのかは謎です。どういう理屈でこんな現象が起きるのか解る方がいらっしゃいましたら教えてください。ロングツアラーだから早めに給油を促すのが性なのでしょうか。

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと    ジャンル : 車・バイク

Comments

 
私のも同じようなモノです。
あくまでも目安にしないとダメですね。
それでも少々大げさに表示してくれるので、ガス欠はないですが。

ただ日本車の残量計も似たようなモノではありませんか?
我がホンダ製愛車(会社)も、全くダメです。
 
早め早めはありがたいと思うか、どうか。ほかの部分がフイールグードなのにもう少し何とかという気持ちはよくわかります。
 
さすらい野郎さん

確かに国産車も同様に過少申告傾向にはありますよね。
ただこのA6のように朝はまだ1/8程度残っていたはずなのに、夜見たらいきなりゼロになっているようなことは前車のA4を含めても初めてなんですけどね。
 
戸川流さん

そうなんですよ。せっかく走行可能距離の表示が出来るのに、肝心のウォーニングランプが点灯してからこんな気まぐれでは、この機能役に立ちませんね。
 
僕は1/4になると必ず給油しますので、そこまでは経験ないですね。若い頃、ガス欠になって、スタンドからガソリンを持ってきて貰ったんだけど、その店員が一言「給油メータがあるのにガス欠なんて始めてだよ~」ってボソッと。それから、給油はまめにすることにしています。
高速で 
家までたどり着けるぎりぎりの残量だったので、高速で10L給油しましたが、メーターが上がるどころか残量警告灯が付いたのでまたも10L給油したに一気に1/2までメーターが跳ね上がりました。
て、何処も同じなんですね。
 
ぺぺさん

メーターで残っているのにガス欠というのは頭に来ますね。いまだ実際にガス欠で動かなくなるというような痛い目には遇っていないので、早めに給油という習慣はないです。前車のA4では満タン70Lがちょうど一ヶ月分だったので出来るだけ空にしてから給油する習慣がついてしまいました。
 
kimiさん

給油した直後には満タン表示にならずにじわじわと上がってくるというのはよくあります。満タン付近はなかなか減らずにある程度消費してから急に減りだすという傾向もよくありますが、全然ガソリンを消費していないのに朝と夜で表示が全然違うのは初めてなんですが、これもよくあることなんですかね。
昔乗ってたマツダ車はガソリン計はかなり正確だった気がします。
まあラテン系ならそれも味として許せそうなんですが、ドイツ車は正確であって欲しいような。
 
燃料計は構造上、駐車した場所の傾斜でかなり表示が変わります。走行可能な距離の表示も別の検知機能があるわけではないので、同様に変化します。国産だろうがドイツ車だろうが、この構造はほぼ同じなので、メーターにリッターなどの目盛りを刻むのを嫌うメーカーが多いのもそのためです。A6は100以来6台目ですが、ワーニングが点灯する前に給油してます。
 
2.7TQさん

筋金入りのアウディ乗りなんですね。現在は2.7TQにお乗りなんですか。是非いろんなおはなしをお聞かせいただきたいです。

おっしゃる通り確かにランプが点灯する前に給油すれば良いだけの話なんですが(笑)
傾斜でかなり表示が変わるというのは理解できます。ただし会社の駐車場は殆ど傾斜はないと思いますし、朝はまだ十分(といってもランプは点灯してますが)あるのに、夜になると全く同じ状態なのに針が底をつくのかが腑に落ちないんですよ。たんに傾斜だけの問題なら走行中にもとのレベルに戻っても良さそうなのに、意地でも底から離れないんです。わたしが引っかかっているのはこの部分なんです。早めにゼロになること自体は問題にしてないんですが、表示に一貫性がないのがね。といってもトータルではかなり満足度の高いクルマなので朽ち果てるまで付き合うつもりなんです。
言葉足らずで申し訳ありません 
正確に表示できないのだったら、走行可能な距離などディスプレイしなくても……という気持ちはボクも本音ではあるんですけどネ。ただ仕方がないのは、お知らせした傾斜によってという意味に、加減速で燃料が偏った時点での状態も含まれること、さらに検知されるのが一定の時間毎と間隔が空いてしまう欠点も加わります。つまり停車した時点で検知のタイミングによってはまだ残量がたっぷり表示されていたのに、次に始動するときは極端に少ない表示となってしまうこともあり得ます。加えて駐車のための低速移動で燃費が直前に4~5km/Lで検知されたりすると、走行可能距離が一気に少なく表示されます。別にAUDIの計器表示を擁護する気など毛頭ないのですが……。ボクは走行可能距離の表示も、出先でこの調子ならアト100kmは大丈夫、などの目安にはなるのであった方が便利かなと。

実は3ヶ月ほど前まで同じ2.7TSL('03モデルで2万キロちょっと)に乗っていたのですが、夜間に裏道の一方通行を逆走してきたアコードワゴンに後輪のあたりを直撃され(サイドのエアバックが前後席とも開き、窓のサイドエアカーテンも開くほどの衝撃)車軸が曲がり全損扱いとなってしまいました。新しい3.2FSIにしようかと何度も迷いましたが、どうにも別のクルマ(主にハンドリング)になってしまったAUDIに乗る気が起きず、SLの中古を探しましたが結局見つからず。1ヶ月前にレカロのついたほぼ同じ走行距離の2.7TQの'03モデルを手に入れたばかりです。直5搭載の100を2台乗り継ぎ、V6の100、そして初代2.8Q(10万キロ乗りました)を経て出逢った2.7Tエンジンには惚れましたネ。というわけで、ずっとブログ拝見させて頂いています。新しいAUDIの路線、いつか本来の運転する醍醐味がプライオリティに戻ることを期待して、その日までこの2.7TQを乗り続けるしかない、そう思ってボクも大事にしたいと考えています。
 
2.7TQさん

アウディの話なんてほんのちょっとしか出てこないのに、以前から覗いていただいているようで恐縮です(汗)
できることな一方通行でなければうれしいです。アクセスログを確認しましたが逆探知不能でした(笑)

さて、残量表示の件ですが、いろんな要素で表示誤差がでるのはしかたないし、理解できるのですが、引っかかっているのは再現性がないことなんですよ。加速度や傾斜の影響なら行き帰りで似たような残量に戻っても良さそうなのに、一旦底を打つと意地でも元の残量表示に戻らないというような強い意志を感じるんですよね。
まあこの件はいつかどこかでお会いするようなことがありましたらじっくりお聞かせください。
幸い本当にガス欠でクルマが止まってしまうようなことは経験したことがありませんので、実害は無いのです。

レカロシート良いですね。

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。