Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野温泉 トンボの湯

Category: 旅の記憶   Tags: ---

宿には3時前にたどり着いた。チェックイン開始まで少し時間があったので、宿の風景などをおもむろにカメラにおさめていると、濃紺のアウディ A4が颯爽と登場した。さすらい野郎さんのご到着だ。

チェックインの手続きを済ませ部屋に入るが、集合時間まではまだかなり余裕があるので、近くの温泉に私のA6で出かけることにした。目指すは星野温泉 トンボの湯。

いつもの通り下調べを十分しない私なので、温泉の場所がわからない。トンボの湯第二駐車場と表示のある場所にクルマを止めて歩き出したが、温泉と目する場所へはちょっと距離がありそで、これでは入浴後に湯冷めすることは確実と思われ、クルマに戻り近くまで行ってみることに。

写真で見おぼえのある黒っぽい建物に近づくと中から忍者風の格好をした女性が出てきたので、「あの~温泉に入りたいんですけど」と尋ねてみると、「温泉は300m程山手の右側です」と笑顔で答えてくれたが、どうやらここは温泉とは無関係の施設のようだ。歩いて来なくて良かった。ここまで歩いて違うとわかったら完全に戦意喪失状態で風呂に寄らずに帰ってしまっただろう。

気を取り直して道を進むと有ったあった。大きな看板出てるではないか。たどり着いたのはこちら。

DSCF3110.JPG

FinePix Z1

ブログを書くならBlogWrite

温泉までの導入路の木々も紅葉し始めて目に焼き付く。

DSCF3108.JPG

温泉のエントランス付近も紅葉して絵になる。

DSCF3112.JPG

建物も男湯と女湯の真ん中に小川が流れなかなかのデザイン。

DSCF3115.JPG

この小川の左右が男湯、女湯の露天風呂。露天風呂からも紅葉の木々が眺められ、シーズン本番にはかなりの見応えと思われる。

館内に入ると檜の香りに包まれ心地がよい。天井も高いので開放感がありリラックスできる。

DSCF3116.JPG

脱衣場の天井の写真。これよりアングルを下げるとおぞましいものが多数写り込むので自粛します。

お湯はぬるめで柔らかく、入った瞬間にホッとする。こんな感覚は久しぶり、いいお湯だ。ちなみに温泉特有の硫黄臭などはほとんど無いので普通の風呂みたいだが、肌を洗った後のヌルヌル感がなかなか落ちないので紛れもなく温泉だ。

軽井沢で温泉というのもなかなか良いもの。日帰り組などは軽井沢を発つ前にここで疲れをとってみるのも良いのではないだろうか。ただしそういう時間にはきっと込んでいるのだと思うが。

DSCF3117.JPG

 

スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行    ジャンル : 旅行

Comments

 
レポート有り難うございます。
軽井沢で温泉とは、なかなか贅沢で良かったです。出来れば貸し切り混浴なんてあったら、いいのですが。
 
さすらい野郎さん

貸し切り混浴ですか。良いですね。
きっとそれなりの宿に泊まればあるんだと思いますが。

一度だけ経験あります。ペンション借りたら他に客がいなくてご自由にってのがりました。
 
早く出て、私もマッタリと温泉に楽しみたかったです。
ま~次回は箱根ですし温泉三昧もありかと・・・

浜名湖の可能性も高いのですか?
 
メディチさん

来週末また軽井沢に行かれるんでしょ?ゆっくり温泉楽しんできてください。

行き先はさすらい野郎幹事様の御心のままにでございます。さてどこになるのかな。
 
はっ、箱根オフにしてください!
宿泊参加が無理でも
すっ飛ばしていきます!!汗。。
 
弁天小僧さん

早くも参加表明いただきありがとうございます(笑)
そちらからだと軽井沢より箱根の方が都合が良いですか。
残念ながら(嘘)次回の幹事はさすらい野郎さんなので私には場所の決定権はありません。
幹事の決断をお待ちください。

ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。