Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B6回顧録

Category: 自動車の写真   Tags: ---

久々にスキャナーを稼働させた勢いで、ちょっと古い雑誌に掲載されていたAudi A4(B6)の記事から気に入った写真をスキャンしてみました。

SAVE0014.JPG

街中ではあまり見かけない、赤のA4 2.0SEです。σ(^.^)のクルマと同じ形式のものです。

2003年4月のルボラン誌の「そろそろ上質なセダンに乗りたい」という記事からです。

この年のモデルはボディー下部樹脂パーツがボディー同色に塗装されていません。B6はボディ下部がこのように黒色でツートンカラーの様になっている方が、ボディー全体がしまって見えて美しいと思います。2004年春モデルからボディー同色となってしまいました。

当時、A4はこの部分が塗装されていないので、日本車の廉価モデルの様で嫌だという人が多かったみたいですが、解ってないな~(笑)という感じでした。日本車の廉価モデルとは比べものにならない程この黒色むき出しの樹脂パーツは上質感のあるものです。実は樹脂パーツの上にもう1層フィルム上のパーツが被せられた2柔構造になっていて、少々の擦り傷であれば表層のパーツのみ交換すればよく、修理代も安く上がるという優れものでした。

ブログを書くならBlogWrite
スポンサーサイト

テーマ :    ジャンル : 車・バイク

Comments

 
>解ってないな~
同感です(笑)
国産車は黒色樹脂パーツの使い方というか、見せ方が下手くそですね(ぉぃ)
それに引き替え、外車(欧州車)は使い方や見せ方が上手い車種が多いですね。
塗装してないから安っぽいかというと、そうでもないんですよね。
センスなんでしょうかね?
昔乗ってたMR2(SW)は下周り(フロントリップ、サイドシル、リアアンダー)が黒だったんですが、フロントとリアはまあいいとしても・・・
サイドが・・・中途半端な位置に塗装分けのラインがあり、いかにもアンダーコート(凸凹の塗装)ってな感じで、非常に安っぽく見えました。
このころのトヨタ車は他の車種も同様の処理してましたね。
サイドシル全体を黒くしてれば、丁度サイドシルのみ別パーツのような感じになり、それほど安っぽく感じないのですけどね・・・
って事で、私はボディ同色に塗ってしまいましたが(笑)

そういえばトヨタの営業マンは、「フェラーリみたいでかっこいいじゃないですか」などと宣ってましたが・・・
あんな下手くそな処理をフェラーリと一緒にするなと問い詰めたかった記憶があります。

下周りは傷がつきやすいですから、樹脂パーツのままってのは使い勝手がいい面もあるんですよね。
傷そのものも目立ちにくいですし、tomyさんが仰られるように、補修の面でも有利な所がありますし。
多少傷ついても平気という、精神安定効果は大きいかと?(笑)
 
13Bさんへ

国産車の場合、カタログ眺めて一番安いモデルだけ樹脂パーツむき出しを多用していて、それが悲しい程安っぽく見える場合がほとんどなので、皆さんそういうイメージが焼き付いてしまっているんでしょうね。

国産車でも日産のティアナは上手い具合に樹脂パーツを使って、欧州車を学んだなって感じでしたが、今度はお手本の欧州車の方が樹脂パーツの上手な使い方を忘れてしまいましたね。


ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。