Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「海に沈む夕日が見たい」

Category: Audi   Tags: ---

「海に沈む夕日が見たい」とは助手席の同乗者が海に出かける度に吐く台詞なのですが、なぜか日本海側に出かけた際にこの傾向が強いようです。

夕日の沈む時間とロケーションがマッチせずなかなか実現はしていませんが、今回こそはと思い、遅い昼食をとった後、三方五湖から小浜湾方面へと向かいました。

こちらを目指した理由には、往路で利用した名神高速道ー北陸自動車道ではなく小浜西ICより舞鶴若狭自動車道ー中国自動車道経由で大阪へ戻りたいという狙いもあったからです。

はじめにたどり着いた三方五湖でレインボーラインという有料道に入ろうと思ったのですが、みすぼらしい入り口付近の雰囲気の割に1000円越えという料金の高さと、時間的に夕日には早いということでスルーし、小浜湾にあるエンゼルラインへと向かいました。こちらは無料なのです。

この判断は結果的には誤りでした。エンゼルラインはかつて有料道路であったようですが無料化されてからは誰も手入れしていないようで、頂上の見晴台付近でさえ、草木が覆い繁りなかなか遠方まで見通せる場所がないのです。後からわかった事ですがレインボーラインは日本の道100選にもえらばれているようです。

またしても海に沈む夕日には巡り会えませんでしたが、エンゼルラインには訪れるクルマも少なく今回の旅では貴重な「クルマと風景」の写真を数カ所で撮ることができました。

OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6


OLYMPUS E-510 ZD11-22 F2.8-3.5

小浜湾での夕日ですが、海に沈むまではまだまだ時間がかかりそうなので諦めました。

OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6

小浜湾は真珠や牡蠣の養殖も盛んなようで、真珠養殖の筏が並ぶ水面を夕日が照らし出す様はとても美しかったのですが、エンゼルラインを目指す途中でクルマを止めることを躊躇したため、その姿を撮り逃してしまったことが心残りです。また近くの魚屋では(既に売り切れでしたが)岩牡蠣が一盛り1000円でした。牡蠣好き私としてはこれもかなり心残りでした。

スポンサーサイト

テーマ : 海のある風景    ジャンル : 写真

Comments


ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。