Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄除け

Category: 旅の記憶   Tags: ---


厄と呼ばれる歳も今年で最後。これまでの2年間大きな災いもなく無事過ごせたことに感謝の意も込めて、今年も先日佐野厄除け大師へ出かけてみました。


厄除けといっても特別厄除け料を払ってお祓いをしてもらうわけでもなく、賽銭箱にわずかばかりの硬貨を投げ入れ、無事であることをお祈りした後はお守りを買って帰るのが我が家の恒例行事。


娘達も毎年便乗してランドセル型のお守りをここで購入するのが恒例行事。



スポンサーサイト
テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: その他   Tags: ---

寒さで外に出るのも億劫だった日曜日に、突然携帯にお誘いのメールが入り出かけた先は。お隣の伊奈町の雑木林の庭の奥にひっそりと佇むカフェ&ギャラリーです。




テーマ : こんな店に行ってきました    ジャンル : グルメ

武田神社

Category: 旅の記憶   Tags: ---

先日仕事の所用で山梨まで出張する機会がありました。またもや、電車で行くには辺鄙な場所なので自動車を利用することになりました。二人で出張だったのでどちらが運転してもかまわないのですが、私がハンドルを譲るわけがありません。もちろんA6で出撃です。


会社から現地までの所要時間はネットで調べると3時間弱と出ました。渋滞も考慮して少し早めに出たのですが、到着までに要した時間は2時間と、昼飯時間を計算に入れても時間をもてあますので、ちょっと武田神社へ寄り道してみました。


仕事をするのがもったいないほどの良く晴れた日だったので、是非とも撮影をしたかったのですが、コンデジはおろか携帯電話すら忘れてきたので、同行者が会社から持参した恥ずかしくなるような分厚い古いデジカメを借用して撮影しました。


テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

良く晴れた休日には近所の公園で春の訪れでも感じようかと思いカメラを持って出てみたのですが。

OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6

関東地方の冬、雲一つなく良く晴れてくれるのは嬉しいのですが、風が強すぎます。実際の気温以上に寒さが身にします。ほんの少し公園を歩いただけで、敢えなく退散。まだまだ春の訪れは遠いようです。


テーマ : *写真で残す日常*    ジャンル : 写真

大室山山頂から

Category: カメラ&写真   Tags: ---

リフトに乗って登った大室山の山頂には360°のすばらしいパノラマビューが広がっていました。

OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6

大島もはっきりと見えます。


テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

リフト

Category: 旅の記憶   Tags: ---

数年前伊豆高原を訪れた際、高所マニアの私としてはどうしてもこのリフトに乗って「富士山の縮小ミニチュア版」のような大室山の山頂に登ってみたかったのですが、その時は上の娘もまだ小さくリフトを怖がるので泣く泣く断念したのでした。


今回はそのリベンジを挑んだのですが、上の娘はまたしても恐がりリフトを拒否。でも大丈夫もう大きいので麓の売店に放置プレイ。残る3人で頂上へと向かいました。下の娘は全然怖がらないのに、全く駄目ダメな姉です。


写真は全てFUJIFILM FinePix Z1


テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

伊豆高原ビール

Category: 旅の記憶   Tags: ---

伊豆の旅の土産として購入したのはこの伊豆高原ビールのみ。


所謂地ビールはそれぞれの地方での楽しみの一つ。

そんな中で伊豆高原ビールは比較的規模の大きいメーカーだと思われます。


購入したのは写真のビール5本セット。当然ですが既に全て飲み干しています。


個人的な感想ですが、一番美味いと感じたのは「ああこの一杯のためにいきているんだなあ」という酒を飲むとき誰もがおもうこのフレーズをそのままネーミングしたビール。その名に違わぬ旨さでした。


黒ビールも独特の味が印象的でしたが、これは98年に伊豆で行われた橋本・エリツィン会談を記念して作られたビール。気が付けばお二人とも既にこの世を去っていることが感慨深いです。


一番左のピンクのビールはやまもものビール。甘ったるいジュースの様な味を想像しますが、味は至って普通のビール。かすかにやまももの甘さが感じられる程度。見た目と味のギャップが面白かったです。


テーマ : ビール    ジャンル : グルメ

さくら坂

Category: 旅の記憶   Tags: ---

城ヶ崎海岸を後に向かった先は伊豆熱川温泉にあるさくら坂

名前の通り桜並木の急な坂の先にその店はありました。古い旅館を流用した敷地は、店の内容にくらべ、エントランスの雰囲気は重厚でした。





テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

落陽

Category: カメラ&写真   Tags: ---

恋人岬での落陽を待つ時間。

OKYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5



テーマ : 朝日・夕日の写真    ジャンル : 写真

城ヶ崎海岸

Category: カメラ&写真   Tags: ---

伊豆の旅二日目は宿泊した宿のある伊豆高原を中心に過ごしました。最初の目的地のとある店は10時オープンなので、それまでの時間調整に近くの城ヶ崎海岸へ出てみました。

この日も終日良い天気に恵まれたのですが、朝のこの時間だけは雲がたれ込め今にも雨が降り出しそうな雰囲気。

本当は朝日に映える美しいリアス式海岸を撮りたかったのですが、とてもそんな雰囲気ではなかったので、荒涼とした雰囲気を意図してみました。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5



恋人岬

Category: 富士山の写真   Tags: ---

西伊豆を旅したなら、一日の終わりは夕日の美しい海岸で締めくくりたいもの。

金山見学もそこそこに先を急いだのは、この場所に日没までにたどり着きたかったから。

先を急いだ甲斐あって恋人岬に到着した時にはまだ十分に時間の余裕はありました。

それにしても駐車場から、岬の先端まではアップダウンのきつい山道が続いているのは想定外でした。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5




テーマ : 富士山    ジャンル : 写真

土肥金山

Category: 旅の記憶   Tags: ---

沼津港で腹ごしらえを終えた後。向かった先は西伊豆です。思ったより距離があったので目的地へたどり着いた時にはおやつの時間も過ぎていました。

たどり着いたのは土肥金山。職業柄鉱山などにも多少興味もなくはないので鉱山跡などもじっくり眺めたかったのですが、次の場所へもどうしても時間内にいきたかったのでここでは砂金取りだけ挑戦。

砂金取り自体は砂の中にわずかに混在する砂金を昔ながらの方法で探し出すのですが、これが結構至難の業。

多い人は規定の30分間で70~80個も砂金の粒を見つけるそうですが、我々家族は3人分の権利で12個がやっと。


見つけた砂金の粒は当然持ち帰ることができますが、小さな粒はなくしてしまいそうなのでアクセサリーの中に封入してもらって永久保存。


OLYMPUS E-510 ZD 35 F3.5 Macro


テーマ : いろんな写真    ジャンル : 写真

びゅうお

Category: 旅の記憶   Tags: ---

伊豆旅行初日の昼食は沼津港で食べると決めて一路向かいました。行き先で海の幸を堪能したいと思ったからです。ところが上の娘の体調がどうにも思わしくなく、あまり食が進まないというので、少量でも済む回転寿司にしてみました。
さすがに漁港のすぐ側なのでネタは新鮮なのですが、如何せん回転寿司としては少し値段が高い。これだけ払うなら埼玉の地元でもそこそこ美味いものは食べられるはずです。
それでも娘が食が進まない分安くあがるのかと思ったら、なぜだかいつも以上の勢いで高額な皿ばかりを食いあさってました。結局かなりお高くついてしまいました。


テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

つるし雛

Category: カメラ&写真   Tags: ---

韮山反射炉のすぐ脇にある土産屋の二階には伊豆稲取地区の伝統工芸つるし雛の展示がありました。

おもいがけず地域の伝統工芸を愛でる機会を得られたので少し得した気分になりました。

一つ一つ手作りの人形がまるで千羽鶴の様に折り重なる光景には圧倒されてしまいます。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : いろんな写真    ジャンル : 写真

出初式(2)

Category: カメラ&写真   Tags: ---

さいたま市消防局の出初式の続きです。

出初式のもう一つの華は参加した消防車とヘリにより一斉放水。さいたま市内の半数の消防車が集結したとのことなので一斉放水の様子はなかなか見応えがありありました。

虹を見たかい


OLYMPUS E-510 ZD 14-45 F3.5-5.6


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

日の出を待つ

Category: カメラ&写真   Tags: ---

九十九里浜で初日の出を待つ人々はなぜか波打ち際にきれいに一列に並びます。

たまに大きな波が打ち寄せると一斉に後ずさりします。その光景を眺めていると何ともほほえましく思えます。

大きな波が去るとまた波打ち際まで前進です。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

喜多院

Category: カメラ&写真   Tags: ---

すっかり忘れていたのですが、一応我が家も初詣なるもに出かけていました。

私にとっては初詣に出かけるというより、川越の妻の実家から何とか抜け出す口実を作りたかったというのが真実か。

別に邪険にされるわけではなく、むしろ丁重に扱われているので本来感謝せねばならないのですが、何年たっても居心地の良い場所ではないので、私にとっては年に一度のお勤めです。


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

韮山の反射炉

Category: 旅の記憶   Tags: ---

伊豆スカイラインから韮山を目指したのはこの反射炉を一度見てみたかったから。

江戸の末期に江戸湾防備の大砲を鋳造するために建造された炉です。製造された大砲はお台場に設置されていたとか。

世界唯一の産業遺産だそうです。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

出初式(1)

Category: カメラ&写真   Tags: ---

さいたま市の消防出初式に出かけてみました。

折しも真冬の強風に見舞われた浦和競馬場は風を遮るものが何もなく、強風でのブレに寒さでの体の震えも加わって撮影はかなり辛いものがありました。

けれどそんな強風と寒さの中でも鳶職人達は心意気を見せつけてくれました。強風で煽られるのと、寒さで手がかじかむのにそんなことは微塵も感じさせないすばらしい技でした。


出初式におなじみのはしご乗りはてっきり消防隊員の雄志がやっているものと思っていましたが、鳶職人達が伝統を引き継いでいたのですね。


OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

菜の花

Category: カメラ&写真   Tags: ---

伊豆スカイラインを尾根沿いに韮山峠まで走った後、駿河湾を目指して韮山の平地へと下りていきました。

そこにはまだ新年になったばかりというのに早くも菜の花が咲いていました。

苺のビニールハウスが沢山あり、早くも苺狩りが楽しめるようでした。値段によっては少し摘んでみようかと思いましたが料金は4歳以上ひとり1500円。家族全員で6000円となるとおいそれとは手が出ませんでした。


今度は苺狩りメインでまた訪れてみたいと思わせる場所でした。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

大空へ

Category: カメラ&写真   Tags: ---

箱根ターンパイクから伊豆スカイラインへと向かう道中何カ所も富士山の見応えある場所があったのですが、まだまだ先の長い旅故あまり寄り道ばかりはできません。そんななか富士山と駿河湾沼津方面が見渡せる場所があったので小休止。

今にも崖から転げ落ちそうな場所ですが、パラグライダーのスタート地点にもなっているようでこの日もパラグライダーを準備している人がいました。飛び立つまで待っていたい気もしたのですが、なかなか準備に時間がかかるようでそこまでは待っていられませんでした。

ところでクルマでこの地点まで来たパラグライダーの人は大空へ舞い上がった後、どうやってこの場所に戻ってくるのかとても気になります。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5(1枚目)

OLYMPUS E-610 ZD 70-300 F4.0-5.6(2-3枚目)


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 旅の記憶   Tags: ---

本日は久しぶりに出張でした。

こんな昆虫の顔みたいな特急に乗って出かけた先は・・・。


テーマ : どうでもいい話    ジャンル : 日記

初日の出

Category: カメラ&写真   Tags: ---

一月の今頃になってこのタイトルでこの写真はないだろうという気もしますが、相も変わらずマイペースでやってるブログですので気にしないでください(汗)

2008年1月1日の朝、九十九里浜方面は雲一つない快晴でした。ただ一点水平線の付近を除けば。

というわけで絶好の初日の出日和になるはずのこの日は水平線付近のみ雲がかかっていたので、残念ながら水平線から顔を出すお日様には巡り会えませんでした。実際の日の出時刻よりやや遅れて雲の間からようやく顔を出しましたが、雲の切れ目がストレートではないので日の出なのか否かの判断が微妙であまり感動的ではありませんでした。それでも同行した(体調の優れない私にナイトドライブを強いた)家族はそれなりに満足だったようです。

それにしても太陽の光というのはとても暖かく、日の出前までに冷え切った体を柔らかく温めてくれるのでした。この日だけは太陽のありがたさが身にしみました。


OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6


テーマ : 朝日・夕日の写真    ジャンル : 写真

大観山

Category: 旅の記憶   Tags: ---

箱根ターンパイクの頂上付近にある大観山ドライブインからは富士山と芦ノ湖が見事に見えていました。

このあたりの角度であれば富士の表情も、あの噴火口跡のえくぼがあまり強調されず良い眺めです。70-300で寄ってみるとさすがに迫力あります。これでもまだ望遠端までは余裕があります。

芦ノ湖の遊覧船もはっきりと覗えます。ZD70-300があれば観光地によくある100円入れて眺める双眼鏡も不要と思えるほどよく見えます。さすがに有料の双眼鏡と同等レベルによく見えるとはいいませんが、それほど重くも長くもないので、気合いを入れた撮影旅行でなくても、旅の友として重宝します。

調子に乗って別の方角を眺めてみるとゴルフ場の向こう側に白い煙か湯気が立ち上っているのが見えました。なんだろうかとしばらく眺めていたのですがよくわかりません。正体をご存じの方いらっしゃいましたら是非教えてください。とても気になって夜も眠れません(笑)

ところで下の娘にとって思わぬお年玉になったのがここの双眼鏡。先ほど観光地に良くあると書いた100円入れて眺めるあの双眼鏡です。ご多分に漏れずここにもありました。ありましたが壊れてました(汗)

壊れていると通常お金を入れても見えないものと相場が決まっているのですが、ここの双眼鏡は壊れていてお金を入れなくても常に見える状態だったのです。

これには下の娘大喜びでした。というのもいつも観光地を訪れるとこの双眼鏡を見たいみたいと騒ぐのですが、お金を払ってまで見る価値を見いださないのでいつもスルーしてました。が、この日は思う存分見ることができたのです。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5 (1枚目,5枚目)

OLYMPUS E-510 ZD 70-300 F4.0-5.6(2~4枚目)


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

振る舞い汁や太鼓の演奏が初日の出の雰囲気を盛り上げつつあるのですが、ただ東の空を眺めて待っているだけでははっきり言って退屈なのです。

そうこうしているうちに夜明けを待ちきれずついに海に向かって走り出す少年が現れました。思わぬシャッターチャンスをありがとう。大人だって退屈だったんだよ(笑)


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

ターンパイク

Category: Audi   Tags: ---

1月4日5日と家族で伊豆へ出かけました。正月休みは大嫌いな首都高も空いていると踏んで、珍しく首都高ー東名ー小田原厚木道路ー箱根ターンパイク経由で伊豆入りでした。

いつも首都高は避けて、御殿場側から箱根や伊豆に入るのでターンパイクは実に96年秋以来10年以上ご無沙汰していました。

久しぶりにSモードに入れて踏み込むとAudi A6のV6 BITURBOも気持ちよい音を奏で、もっと踏めと要求してきます。さすがに家族同伴ではそんなに調子には乗れませんが、それでも制限速度の2倍は軽く出ていたような・・・。

その昔国産某社の4気筒エンジンは同じ道で、今にも壊れそうな音を立て全然気持ちよくなかった印象だったのですが今回は大違い、やはり噂に違わぬ楽しい道でした。

朝箱に通うようなお方はここでいったいどれだけ飛ばしているのだろうと想像しつつ、海が見えたので小休止。ここからは初島と大島が重なって見えます。

暖かくなったらどなたか朝箱に誘ってください。埼玉からは少し距離はありますが早起きは得意技ですので心配無用です(笑)


OLYMPUS E-510 ZD 35 F3.5 Macro


テーマ : ドライブ    ジャンル : 車・バイク

Category: カメラ&写真   Tags: ---

この日は風もなく比較的穏やかだったのですが、九十九里浜の海岸で初日の出を待つ間はじっとしているとやはり芯から冷え込みます。

振る舞い酒ならぬ、ふるまいつみれ汁やふるまい鰯の丸干しがあるのですが、一番嬉しいのは海岸に点在する焚き火でした。

ストーブなどよりずっと力強く暖かな火でした。


OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

40000km

Category: Audi   Tags: ---

2008年1月4日Audi A6 2.7Tの走行距離が40000kmに到達。30000km到達から9ヶ月弱ですので月1000kmという想定より少し早めですが、とくに大きなトラブルも今のところなくきわめて好調です。

オイルについてはAjiさんから早めに換えた方が良いとのアドバイスをいただいておりますので、注意深く観察を続けたいと思います。確かにアクセルを踏み込んだ際、エンジン音が必要以上にうるさい様な気がしないでもないのですが、燃費等に目立った悪化はありません。このところ高速走行も多い影響で現在の平均燃費8.4km/lとまずまずの数値。まだまだ乗り続けます。このペースだと秋には50000kmに到達しそうです。


テーマ : ひとりごと    ジャンル : 車・バイク

仕事納めの頃に風邪をひいてしまって、大晦日の夜も本調子ではありませんでした。

でも今年は元旦の天気予報が良いようだったので、家族も初日の出を見ることに結構乗り気でした。除夜の鐘を聞いた後、少し仮眠をとって青い顔をしたまま九十九里浜までナイトドライブ。

そこでは多くの人たちが新しい夜明けが来るのを今か今かと待ちわびていました。

OLYMPUS E-510 ZD 15-54 F2.8-3.5


テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Happy New Year!

Category: カメラ&写真   Tags: ---

年末に風邪ひきそうな予感がして、クリスマスの頃に早々とブログ上での新年の挨拶も済ませてしまったら、本当にそうなってしまいました(笑)

なので遅ればせながら今頃新年のご挨拶をさせていただきます。皆様本年もよろしくお願いいたします。


テーマ : 写真にコトバをのせて    ジャンル : 写真
ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。