Why is the sky so blue?

Why is the sky so blue?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い林檎はいかが

Category: Mac&iPod   Tags: ---

帰省から舞い戻ってきて早々Apple Storeに注文しておいた新しいiMacはだいぶ待たされたが、今週の火曜日に届いていました。それから寝不足の日々が続いたのは言うまでもありません。ようやく週末だこれから存分に楽しめます。

OLYMPUS E-510 ZD 35 F3.5 Macro

新しいiMacは薄くなったと言われていますがそれは20インチモデルの方で24インチモデルは旧モデルと全く厚みは変わりませんでした。

とりあえず旧iMacからデータを吸い上げるためTHIN FIREWIRE CABLEで繋いでみました。ケーブルが短いので背中あわせで接近させないと届きません。

購入時箱から取り出したとき以来久しぶりに旧iMacの背中を眺めました。後ろ姿も結構魅力的だったんですね。

このケーブルと移行アシスタントを使ってデータを移動するとアプリケーションファイルなども一部を除き問題なく移行できます。移行できなかったのはBoot Camp上のWindowsとParallels関連だけでした。

ただし移動には想像以上に時間がかかるのでこれで移動するのは必要最小限に止めておいた方がよいかもしれません。

普通のデータファイルは後からコピーすれば短時間で移動できます。


スポンサーサイト
テーマ : マクロレンズで撮った写真    ジャンル : 写真

吉良川の町並み

Category: カメラ&写真   Tags: ---

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

この日の目的地である室戸岬まではあと20kmを切ったところで、近くに古い町並みが残っているというので少しだけ寄り道をしてみました。


テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

野良

Category: カメラ&写真   Tags: ---

安芸には私にとってもう一つの重要な「聖地」が存在します。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

ここは岩崎弥太郎の生家です。


テーマ : 猫の写真    ジャンル : 写真

海を見下ろす丘の上は

Category: Audi   Tags: ---

ようやく二日目のスタートです。この日は南国土佐を後にして海沿いの一般道を、室戸岬へと目指しました。四国の道路事情がよくわからないので時間が全く読めません。利用する道路が片側一車線のイエローラインの道で田舎ならではののんびりとしたクルマに引っかかると厄介なことになりそうなので、早めに宿を立ちました。

ところが高知市街を離れてもかなりの区間2斜線ずつの道路でしたし、道行く地元ナンバーがかなり飛ばすので、このままだと予定よりかなり早く目的地に到達してしまいそうです。なので道すがら興味のわく場所へ寄り道です。

先ずは第一のお目当ての場所。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

「海を見下ろす丘の上は何時でも向い風が吹いて 空と海の青と思い出とが一列に並ぶ」


テーマ : 旅の写真    ジャンル : 写真

鰹のたたきづくし

Category: 旅の記憶   Tags: ---

高知といえばいわずと知れた鰹のたたきの「聖地」でもあります。我々もご多分に漏れず高知の夜は鰹のたたきを満喫しました。

Fuji FinePix?Z1

出かけた先はひろめ市場。いろんな店の食材を好みで買い集め、テーブル席で自由に食べることが出来ます。ショッピングモールによくあるタイプの店舗形式で、そのすべてが地元の産物店だと思えばわかりやすいと思います。


テーマ : 食べ物の写真    ジャンル : 写真

土佐電鉄

Category: カメラ&写真   Tags: ---

宿に到着後、食事のために市街に出てみることにしました。幸い宿は土佐電鉄の路面電車に面した通りにあったので、物珍しさから目的地までの数駅乗ってみることにしました。

Fuji FinePix Z1

高知県自体、四国の他の県のように本州の他県に対面しているわけではなく、太平洋に面した土佐湾だけを眺めて、他の地域からは孤立した独立国のような趣で、さしたる産業もなさそうに思えるのに、高知市街は思いの外大きく発展した都市でした。この地域の富の多くは豊富な海資源がをもたらしたのだということは想像に難くありません。

そんな中レトロな路面電車が街中に張り巡らされ、存在感を示しているのは何かタイムスリップしてしまったような気分になります。


桂浜水族館のアシカショーにイルカショーも見たことだしそろそろ宿に戻ろうかと思ったのですが、女性陣はおみやげショップでなにやら物色中の模様。待っているのも退屈なのですぐ目の前の桂浜まで先に出ていきました。

Fuji FinePix Z1

ベンチにたたずむ老人ふたり。何を見つめているのでしょう。


浜辺の水族館

Category: 旅の記憶   Tags: ---

観光名所として有名な「桂浜」の砂浜に面したすぐそばにその水族館はありました。

Fuji FinePix Z1

その名も「桂浜水族館」と、とってもベタなネーミングの小さな水族館です。


龍馬記念館

Category: カメラ&写真   Tags: ---

高知へは高知自動車道を利用して、四国山地を縦断しました。四国山地縦断には19本ものトンネルを抜けなければならず、抜けては入るの繰り返しで嫌になります。おまけに途中からはあんなに良い天気だった香川とはうって変わって雨模様。山岳地帯だから仕方ない、高知まで抜ければ晴れるだろうと思っていましたが高知市内もやはり雨。

天気予報も晴れだったはず。「ひょっとして雨男?」などと自信を失いつつ高知城見物はあきらめ、桂浜方面へ向かってみました。

幸い桂浜が近づくにつれ雨はやみ晴れ間が広がってきました。なんとか「雨男」のレッテルを貼られることは回避できたようです。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

ここでのお目当ては坂本龍馬記念館。朱色の壁と全面ガラスの窓に映る空の青のコントラストが印象的な建物です。

幕末の歴史好きな方々(ちなみに妻もその一人)にはその筋な資料が沢山展示してある貴重な「聖地」なのでしょうが、残念ながら歴史には全く興味がありません。


讃岐うどん巡り

Category: 旅の記憶   Tags: ---

ひとつ目の「聖地」はもちろんうどんの聖地香川です。昨年は映画「UDON」の上映も相まってかなりのブームであったでしょうが、今年はブームも去って落ち着いて味わえるだろうか。

ちなみに私は幼少の頃から讃岐うどん好きで、母に連れられて行く堺東の讃岐うどん店「四国」が大のお気に入りでありました。入り口に山盛りにされた塩の壺と食券代わりの木の札が印象深く今でも記憶に残っています。

そんなことはさておき讃岐うどんの聖地丸亀に降り立ったものの時間が9時と早かったことと、お盆で休みをとっている店も多く、ガイドブックに載っているような有名店は全滅。

しかしここはうどんの聖地讃岐です。マクドナルドは目につかなくてもうどん屋なら至る所に存在します。というわけで手っ取り早く目についたうどん屋に入ってみました。

FinePix Z1

朝の開店直後なので広い駐車場に他に止まっているクルマもなくちょっと不安。


「聖地」へ

Category: Audi   Tags: ---

四国への玄関口瀬戸大橋の与島パーキングエリアです。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

瀬戸大橋といっても明石海峡大橋のような一つの橋ではなく、瀬戸内海に浮かぶ5つの島を6つの橋で結んだ高速道です。その中間地点の与島にパーキングエリアがあります。


さいたま新都心へ

Category: 旅の記憶   Tags: ---

日曜日に前日の過ごしやすい一日が幻だったかのような暑さの中、さいたま新都心へ出かけてきました。

Panasonic DMC-FX07

新都心に出かけたのは高層ビルに写る青空を撮りたかったからではなく・・・。


餃界人

Category: 旅の記憶   Tags: ---

大阪滞在中はあまりで歩かずにいたので、出かけたのは新しいiMacを眺めに梅田のヨドバシカメラへ出てみたのと、そのついでによったこんな張り紙のあるところだけでした。

Fuji FinePix Z1


伊奈祭り花火

Category: カメラ&写真   Tags: ---

地元の花火大会はこのあたりでは最も規模が大きく、多くの人が集まるのですが、毎年Audiの箱根でのイベントと日が重なるので、昨年、今年と二年続けて花火を堪能する機会を逃しておりました。

そんな折、タウン情報誌に隣町での花火大会が載っていたので出かけてみました。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

観覧した場所は、打ち上げ会場からは少し離れたショッピングモールの屋上駐車場。開始2時間前なら何とか駐車場の空きスペースは確保できたので、打ち上げ開始まではショッピングや食事を楽しみ、子供向けの露店もそこそこあったので、子供達も待ち時間を退屈せずに過ごせました。

屋上駐車場は風通しがよく非常に快適でお気軽に花火を楽しむには最適な場所でしたが、写真撮影となると駐車場の照明が明るすぎたり、どうしても他のクルマが移り込んでしまうのでベストポイントを確保するにはうちあがる方向などが頭に入っていないと厳しい状況でした。


テーマ : 花火    ジャンル : 写真

残暑と言うより、猛暑。お見舞いするよりお見舞いされたいほど暑い埼玉へ舞い戻ってまいりました。

帰省によりしばらく更新が滞っておりましたが、ぼちぼちと再開したいと考えております。今年は帰省中ネット断ちをすることと決めていましたので、一切ネットに繋がらない環境で過ごしておりました。帰省中にコメントいただきました皆様へのお返事が大変遅くなり申し訳ございませんでした。

Panasonic DMC-FX07

帰省といっても、田舎ではなく都会の大阪に帰るので、あまりのんびりとした雰囲気は味わえません。そこで今年は大阪から更に足を延ばして高知県まで行ってみました。また帰路ではあえて北陸道経由で金沢に一泊して戻るという日程でした。

A6で巡る今回の旅は2000キロを超えAudiで旅するには程よい距離でした。出発前にトリップメーターをゼロリセットして戻ってきたら記念撮影しようと企てておりましたが、Audiのトリップメーターは2000キロで勝手にゼロリセットされる仕様だったため、自宅到着時には80キロ程度の表示になっていたのが残念でなりません(笑)

以降旅の徒然を写真に言葉を添える形で綴っていこうと思っております。

それにしても渋滞を伝えるニュースに登場するミニバンドライバーのお父さん達の疲れ切った表情を尻目に、Audiでは2000キロの旅も全然疲れ知らずであることを昨年にも増して実感できた旅でした。

ちなみに新しいiMacは帰宅早々ネットで注文したもののどうやら品切れで月が変わる頃にしか届かないようです。

ちなみに親知らず2本目を抜きました。不思議なことに今回は全然痛みを感じません。二回目のお産のような余裕でしょうか(笑)


テーマ : 海のある風景    ジャンル : 写真

箱根写真美術館

Category: 旅の記憶   Tags: ---

強羅の駅からケーブルカー沿いの急斜面の細い道を上っていく。一つ目の駅の少し手前を脇道へと曲がったところにその場所はあります。

Fuji FinePix Z1


テーマ : 建物の写真    ジャンル : 写真

彫刻の森美術館は、その名の通り森の中に彫刻が点在する。PICASSOの作品を集めた室内展示などはもちろん撮影禁止ですが、屋外の彫刻なら自由に撮影できます。

Audi MUSIC meets ARTではシンボル的存在の幸せを呼ぶシンフォニー彫刻。これをバックにステージが配され、夜が深まると内部の照明がともされ神秘的に浮かび上がる。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

日中は内部に潜入して眺めてみるのが良いでしょう。


新しいiMac

Category: Mac&iPod   Tags: ---

噂通りメタルパネルのニューデザインで新型iMacが登場しました。一応特攻購入志願兵だったのですが、ネットでの注文だと発送まで3~5日かかるようで、帰省と重なってしまうので踏みとどまりました。まさか会社休んでアップルストアに買いに行くわけにも行きませんし、既に多くの方が購入されているようなのでそのレポートをじっくり読んで、帰省から戻ったら考えることにします。まずは大阪で実物じっくり触ってこよう。

それにしてもキーボードが薄いですね。


テーマ : Mac    ジャンル : コンピュータ

餃子センター

Category: 旅の記憶   Tags: ---

彫刻の森美術館から強羅までは箱根登山鉄道沿いをのんびり歩いても5~6分。

Fuji FinePix Z1

その道のりの中間からやや強羅よりの場所にその店はありました。


昨年箱根を訪れた際、個人的にヒットだったのがガラスの森美術館。展示や館内の風景がとても美しく写真を撮りまくりました。今年もそんな期待を込めて選んだのが星の王子様ミュージアム。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

彫刻の森美術館だけでは夕方まで時間をつぶせなかったので、強羅まで歩きそこからバスに乗りました。バスに乗る際運転手から「どちらまで?」と尋ねられたがさすがに男ひとりの乗車で「星の王子様ミュージアムまで」と答えるのは憚られたので「仙石原のほうまで」とごまかしておきました(笑)


テーマ : OLYMPUS    ジャンル : 写真

ポケモン狂想曲

Category: 旅の記憶   Tags: ---

日曜日は子供達が幕張で開かれているポケモンパルシティーに出かけるというので、無視してのんびりとしていたかったのですが、電車でのアクセスも不便なのでA6でトランスポーター役だけは買ってでることにしました。

(私はパルシティーには入場していないので撮影者は私ではありません。これだけ歩いている人が被写体ぶれ起こしているのに子供達やピカチュウはぶれてません。Xactiの手ぶれ補正も侮れませんね)

ポケモンには全く興味がないので、子供達を届けた後は、のんびり映画でも見るつもりでした。千葉までは珍しく高速を使わずに下道で向かったのですが、かなり空いていたので幕張までは開場時間の30分前に到着しました。順調な一日の始まりのように思われましたがここからがいけません。

妻の指定したメッセ大駐車場 5500台も収容できる大きな駐車場でこれならすぐに車を止めて開場時間には十分間に合うと思ったのですが、甘かったです。駐車場へ入るクルマの大渋滞で駐車完了まで一時間もかかりました。 原因は駐車場の誘導路の配置がとてもまずいからです。四方から集まってくるクルマが最終的には駐車場エントランスで1斜線に絞られるのですからたまりません。こんな巨大な駐車場で入場に1時間もかかるとは夢にも思いませんでした。同じ千葉にあるディズニーランドはそつなく誘導しているのだから少しは見習って欲しいものです。あまりの渋滞の長さにドライバーのお父さんを見捨てて会場に走っていく母子をたくさん目撃しました。これではせっかくの家族の楽しい一日が台無しです。渋滞にぶち切れて子供達にあたっているお父さんもたくさん目撃しました。

しかし私はこんな渋滞の中辛抱強くなりましたね。昔ならとっくに引き返してましたけど(笑)


Audi MUSIC meets ART ではAudiの各モデルの展示が行われるのも一つの魅力です。ディーラーのショールームではなく森の中の緑とARTを引き立て役に従えて展示されるとAudiもさらに魅力的に映ります。

Fuji FinePix Z4

左側にある岩からは本物の温泉がわき出ています。そんなところも箱根らしいです。触れてみると結構熱かったです。S8には和のテイストも似合いますね。


テーマ : アウディ Audi    ジャンル : 車・バイク

予報では箱根の天気は芳しくなさそうだったのですが、入場券には雨天決行と書いてあったのでダメ元で行ってきましたAudi MUSIC meets ART 2007へ。

Fuji FinePix Z1

箱根の天気は午前中曇り、午後から若干晴れ間もありましたが、コンサートの始まる夕刻からは若干風も強まり時より小雨も舞い散るという状況で、最後までもつのか心配でしたがなんとか無事に最後まで楽しむことができました。


テーマ : アウディ Audi    ジャンル : 車・バイク

3,2 &1

Category: その他   Tags: ---

8/3(土)は箱根で開催されるAudi MUSIC meets ARTへ出かけるつもり。

昨年の出演者でった太田剣のアルバムはこの1年間Audi A6の6連CDチェンジャーから一度もリスト落ちしたことがないほど気に入っているのですが、コンサート当日は何も事前の知識もなく参加したので正直言って知らない曲ばかりでつらい場面もあった。

今年は反省を込めて出演者の小沼ようすけのCDをここ数日ヘビーローテーションで聞き続けています。

OLYMPUS E-510 ZD 35 F3.5 Macro

アコースティックギター中心のアルバム。バックグラウンドミュージックとしては心地よいが、少々地味。果たしてこんな曲ばかりでコンサートが盛り上がるのか一抹の不安もあるが、かくいう私も25年前は一応ギタリストだったということで奏者の観点からも楽しんでみたい。

ところで箱根の天気問題ないですよね。


テーマ : いろんな写真    ジャンル : 写真

水族館ムービー

Category: 旅の記憶   Tags: ---
エプソン品川アクアスタジアム水族館の最後は動画で締めます。撮影者はいつものように上の娘小学四年生です。


つゆのあとさき

Category: 旅の記憶   Tags: ---

遅れに遅れた関東地方の梅雨明け宣言もようやく出されたようで。日中はさすがに暑かったのですが夕方になると雲が出てきた空は何となく秋の気配も感じられました。

久しぶりに夕焼けでも撮りたいです。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5


テーマ : OLYMPUS    ジャンル : 写真

青の世界で

Category: 旅の記憶   Tags: ---

いるかのジャンプを楽しんだ後はアシカショーも楽しみたいのですが、こちらは座席数が少ないのですぐに満席になってしまいます。エプソン品川アクアスタジアムの水族館ではまずアシカショーを押さえた後ほかの展示をゆっくり見て回るのが鉄則でしょう。というわけでアシカショーは残念ながらみることができませんでした。水族館自体はそれほど大きなものではないのでのんびりと魚たちの優雅な泳ぎを見て回ることができます。

OLYMPUS E-510 ZD 14-54 F2.8-3.5

下の娘も優雅に泳ぎ回る鮫の群れにくちあんぐり状態です。


ブログ内検索
全記事(数)表示
全タイトルを表示
プロフィール

tomy

  • Author:tomy
  • 好奇心の赴くままに
    Mac好き×クルマ好き×カメラ好き
 
 
 
 

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。